軌跡⑪


よかったぁ。やっと見に行くことができました。

会社の決算でバタバタしてましたが、上映期間延長に感謝です。 見始めた時から、体に違和感があったのですが、我慢してたら案の定・・・ 「お腹が痛い」「なんでやねん」「こんな時に」といった言葉が何度となく 頭の中を駆け巡り・・・。 ところがです。見入ってくるとそんな事はどこ吹く風。 アニメを映画館で見たことは、おそらく初めてではなかったかと思いながら。 しかも、対象は高校生が主人公の映画。 正直、「どんな感じかなぁ」って興味本気的なとらえ方をしていました。反省。 前評判の「絵というか風景の表現力がすごい」にも圧倒されましたが、 やはりストーリー性重視型の私は、この何とも言い難い展開と歯がゆさに 若き日の自分を重ね合わせて、少年少女を心の中で応援していましたね。 しかし、若いってそれだけで良いですね。無謀・無茶。 いつの間に出来なくなっていくのでしょうか。周りの目を気にしすぎかも そんな事を思わせてくれる映画でした。

記事一覧
アーカイブ

レガシーホームスタイル株式会社

〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋二丁目17-15 1階

TEL:06(4950)0874
FAX:06(4950)0873