in青森県①

朝目覚めると、最終日であることに気付く、悲しい、寂しい。と感傷に浸っている場合ではありません。そとは快晴。今いるのは青森県八戸です。ってことは朝市。

青森の朝市で有名なのは、毎週日曜日のみ開催される日本最大級の朝市「館鼻岸壁朝市」が挙げられます。が、今日は平日。残念ですが気を取り直して第14の目的地をめざして、出発。

まず向かった先は八戸の台所「陸奥奏駅前朝市」です!

所在:青森県八戸市奏町 陸奥奏駅前とおり

その日揚がったばかりの魚介が所狭しと並んでいます。磯の香りが漂う朝の青森に感動です!

朝7時には店じまいしてしまうお寿司屋さんもあるとか。仕入れに来た業者から一般の観光客が入り混じり大賑わいです。

朝ごはん目当てで、来場した観光客が行くところは、「八戸市営魚菜小売市場」内で新鮮な魚介と共に、買ったご飯やみそ汁を組み合わせてオリジナルの朝ごはんですね。飾らない雰囲気もたまりません。店頭のおかみさんと話してみたのですが、方

言が邪魔してわからない事もありましたが、皆さん笑顔で朝から元気で親切丁寧でしたよ。

そろそろお腹が悲鳴を上げてきそうなので、もう一件!回ってから朝ごはんにしようと思います。

で、向かた第15の目的地がここ。

青森県八戸市河原木字神才22-2 「八食センター」

午前9時Open 郊外型食品市場 全長170mに約60店舗が連なっております。

開業当時の運営者の名称:八戸総合食品センターより現在の名前になったそうです。早く着きすぎて、開店待ち。ざわざわと心と胃袋が騒ぎ始めています。中にはここで買ったばかりの魚介を焼いて食べられる「七輪村」や、どんぶりに好きな具材を乗っけて食べられるお店などバリエーションが半端ないです。

名品せんべい汁と海鮮丼。

こちらは、トロットロの貝柱をのっけて。

煮たり焼いたりして調理されたものも大好きですが、この「きりっぱなし」の「乗っけたい放題」は新鮮さならではの素材でなくちゃ出せない味ですね。

目移りしてしまい、悩んだ挙句「ホッケ」と「さば」あかん、美味しい・・・。以前、北海道で食べたのと比べても甲乙つけられへん。って言うか、魚の美味しい所に住みたい。北海道でも同じこと言ったような。これだけ食べて3,000円でおつり来るんです。こんなん大阪で食べれしまへんし、北新地辺りで食べようもんならお幾ら万円するか想像つきまへんわ。

記事一覧
アーカイブ

レガシーホームスタイル株式会社

〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋二丁目17-15 1階

TEL:06(4950)0874
FAX:06(4950)0873