拳鋼心弾


第一ラウンド

身長、ん~175㎝ジャスト。はい、次は体重ね。履き物を脱いで台の上に上がってくださいね」


先日、年に一度のルーティーンの為、大阪城の見えるクリニックへ。この日の為に日々鍛錬を重ねて、健康には誰にも負けない自信があった僕は、過剰なまでの余裕からか、嫌々会場に向かったのである。


病気でもないのに、お医者さんや看護師さんの白衣を見かけると、何故だか心が癒される。日常の辛い事や傷口の痛みを優しく治してくれそうな、そんな錯覚に即効的かつ、何の抵抗もなく真っ逆さまに堕ちて行く僕。明らかに油断していた。


「カーン」重くて太い金属音。不意を突かれた僕に、無情のゴングが鳴り響いたのだ。

77.7㎏・・・ちょっと増えましたね


看護師による軽めのジャブが、襲い掛かってきた。こちらの動揺を誘っているつもりか。

「77.7なんて、ぞろ目でいいじゃん!なんかいい事ありそうだ」と思ったりはしない僕。「その手には乗らないぜ」

コンビニで「はい、お会計は888円です」とか、会社から家まで信号がずっと「青」だったりとか、左に曲がることなく目的つにつけたりしても、その後にいい事らしいことは、ただの一度も僕の身の上に起きたことはないからだ。


看護師は、脱着可能な軽い素材のシューズで、右に左にとフットワーク軽く、鮮やかなフェイントを織り交ぜながら、休みなくジャブを繰り出してくる。

それも、事前に僕の過去のデータを分析し、何もかも掌握済みだと言わんばかりに。機械的かつ作業的に淡々と、冷静な視線を僕に向けて追い込んでくる。


まずい、押され気味の展開だ。この流れを断ち切らなくては。


第1ラウンド終了間際、看護師が僕の視界の外側から放った、思いもよらぬ左フックが顎先を捉えたのだ。

糖尿病に気を付けないといけませんよ~、はい、次は3番の視力検査室の前でお待ちくださいねぇ


いったい何が起こったと言うのか。目の前が真っ白になった。

「カーン」第1ラウンド終了の鐘の音も、はるか遠くに聞こえる。かろうじてコーナーに戻る事が出来た。


息を整え、体力回復に努めて待っている間、ずっと考える僕。一体どんなパンチをもらったのか。

・・・「糖尿病?」「僕が?」「なんで?」「気を付ける?」「何に?」


「♪ちょっとーまって、ちょっとーまって、お姉さんっ♪」


余裕で癒されに来たはずの僕が、看護師から繰り出された強烈な左フックに、小さな脳みそが揺らされ、頭の中でカランコロンと音を立てている。

第二ラウンド

次のラウンドも、ポイント差で勝る様子は微塵もなかった。

見えていたはずの、「2.0」。


じゃあ、これは見えますか


じゃ、じゃあだと?「1.5」への切り替え作戦に出てきたのだ。

見えないだろ?見えないよねぇ~♪」と言わんばかりに笑みを浮かべ、明らかに心理的動揺を誘ってきている。そう確信した。


いやいや、さっきのは右で、それは上です


闇雲に放ったパンチが当たらないことなど承知。確率4分の1に掛けるしかなかった。


正に拳と拳の殴り合い、リング中央でお互い一歩も譲らない「2.0」と「1.5」の激しい攻防がしばらく続いた。


しかし、事態は急変する。

第2ラウンド終了間際、またもや看護師が視界の外、しかも大外から思いもよらぬ右のフックを繰り出したのだ。


では、これはどうですか

光った場所が悪すぎた、心の支えが砕かれ、内側からえぐり取られ、持っていかれた瞬間だった。


「1.0」の下向き開口

第三ラウンド

1分間のインターバルでは、とても回復しきれていないまま、リング中央での打ち合い。体力温存のため、何とか動く左手を延ばし、相手にクリンチを仕掛けた僕。

しかし、腕の場所が悪かった。左腕をまるで何かに巻き付けられたように押さえつけられる。血管が浮き、血の流れが止まった腕がしびれだす。今にも破裂しそうだ。看護師は、僕を動けないようにした後、執拗に浮いた血管を叩き出した。


じゃあ、ここに刺しますね。少しチクっとしますよ


やめてくれぇ、僕の左腕を壊さないでくれぇ。

第4ラウンド

気が付くと私はマットの上に横たわっていた。


倒れたのか?何をもらった?どんなパンチを・・・。

僕の両脇に、白衣姿の男性が2人。「ドクターストップ?」

まだだ、まだ何も出せてねぇ。「スリップだろ?」そうだ、僕はまだやれる、こんなところで倒れるわけにはいかねぇんだよ。


応急処置なのか、鼻から管を通され、2人がかりでモニターを覗き込んでいる。

意識が朦朧とする。まるで麻酔でも打たれたかのように。


背中を擦ってくれていることに気付いた時には、口からよだれが垂れ流れていた。

苦しい、何をしているんだ。僕はまだやれるんだ。早くその管を抜いてくれ!


はい、終わりましたよ~頑張りましたねぇ。ゆっくり抜き取りますから、声を出し続けてくださいねぇ


弱った獣の呻き声に似た、力ない「あ~」という声だけが辺りに流れた。

しかし、僕は自分を鼓舞し続けた。諦めるな!よし!これからだ!立て!立つんだ僕!


良かった、脳の波形を見ていたのではなく、内臓だった。じわじわと僕を追いつめる看護師によるジャブだけでなく、知らない間にボディにも打ち込まれて効いていたのだろう。

慌ててファイティングポーズを取り、戦う姿勢のまま第4ラウンドは終了した。

最終ラウンド

その後、何度も倒れそうになり、立っているのが不思議なくらいだった。気力だけで体を支えている今の僕は、打たれ過ぎたせいで耳鳴りが酷く、周りの声も、ほとんど聞こえない状況だった。


瞼に塗り込んだゼリー状のクリームも、いつしか腹部にも飛び散ってくれたおかげで、時折看護師の硬く平らになった閃光を放つ拳が滑って、腹部を押し込んでくる激しいボディ攻撃を和らげてくれていた。


はい、次は横になってくださいね。お腹の周りを滑らせて診ていきますね


勝敗は判定に持ち込まれた。

残念ながら勝てる相手ではなかったのだが、結果を聞くまでが試合だ。負けた原因もわかずにリングを去るのは失礼だし、何より何故負けたかの原因を知りたかった。


僕は敗れた。完敗だった。

看護師が傍にきて何か僕に伝えている。耳鳴りでほとんど聞こえない中、必死で聞き取ろうとした。

私、過去〇君のデー〇から分析〇てこ〇診断〇臨ん〇・・・

何を言っているのかわからないまま、うんうんと聞こえている振りをした。


看護師は、僕にも賞賛をと言わんばかりに、腹部についたクリームをタオルでぬぐい取りながら、自分の横に立つように僕を促してくれた。

えっ、こー」でいいのか。俯き加減で真横に立つ。勝者の気配を感じながら。


「肥満・デブ・醜い」とは言わない優しさと温もり

「老い・老眼・衰え」とは言わない気配り

「ドロドロ・ベタベタ」とは言わない配慮

「胃炎・胃潰瘍・ポリープ」とは言わない心意気


そこに、感服した。そして、今置かれている自分の劣悪なる状況を直視した。

こんなボロボロの体で、よもや生きている事すら不思議だと理解した。

残された時間を、有意義なものとし、やがて訪れる死を迎える準備と覚悟をした。


がっ、しかし・・・・。

試合後によくある、両者による握手やハグ。両者がたたえ合う感動の瞬間に、看護師チームが鋭い牙をむいたのだ。

思いもよらない、致命傷となる最後の一撃。なぜ今更!反則じゃないか!試合は既に終わっているんだぜ!

こうして僕の年に一度のルーティーン試合が幕を閉じた。

64回の閲覧
特集記事
アーカイブ
タグ

レガシーホームスタイル株式会社

〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋二丁目17-15 1階 amagasaki-hyogo-japan

TEL:06(4950)0874
FAX:06(4950)0873