in佐賀県①

今回訪れたのはここ、「唐津城」〒847-0016佐賀県東城内8番1

唐津城は、豊臣秀吉の家臣「寺沢志摩守広高」によって、慶長7年から約7年の歳月を費やして築城されたそうです。東西に伸びる松原が両翼を広げた鶴のように見えることから、別名「舞鶴城」とも呼ばれているそうです。

所が、まさに戦国の世。生き残りをかけて選択した天下分け目の大戦「関ケ原の戦い」において石田三成率いる西軍ではなく、徳川家康率いる東軍に加勢。そして勝利した暁には12万3千石の外様大名になります。最終的には、島原の乱に遭い息子は城内にて自害、子供もいなかったためお家は断絶してしまいます。

余談ですが、石高とは何でしょう。1石=大人一人当たりの米の年間消費量、と定義されているようです。

豊臣秀吉が太閤検地を行って、全国の米の生産量を升を使って初めて統一基準で測りました。当時は結構いい加減だったようですが。

こうして国持大名に名を連ねます。

そもそも、3万石程度では城を持つ事が出来なかったようです。

1級大名:国主 加賀藩(石高ランキング1位)や島津藩(2位)、伊達藩(3位)

2級大名:准国主 柳川藩や宇和島藩は立派なお城がありましたが、4級以下の家にはお城がないんです。

藤の花がきれいに咲き誇っています。樹齢は100年を超えるらしく、市の天然記念物に指定されているとか。

目前には城下町が広がり、松浦川から唐津湾に流れ込む高台に位置するため、天然の要害であったことでしょう。

ここ唐津には、日本3大くんちの一つ「唐津くんち」なる秋季例大祭が毎年開催されています。「エンヤエンヤ」・「ヨイサヨイサ」の掛け声で大きな曳山が町中をうねり歩きます。長崎くんちや博多くんちも見てみたいですね。

各町を代表する14台の曳山は、曳山展示場にて見学する事が出来るようです。九州北部にはたくさんの「くんち」が存在していおります。

唐津観光協会 ホームページより

https://www.karatsu-kankou.jp/feature/karatsukunchi/

宵曳山(よいやま)提灯の灯が浮かぶ幻想的な曳山

御旅所神幸(おたびしょしんこう)一番の見どころは「曳き込み!」

翌日祭(よくじつさい) エンヤエンヤ、ヨイサヨイサでフィナーレ!

記事一覧
アーカイブ

レガシーホームスタイル株式会社

〒661-0965 兵庫県尼崎市次屋二丁目17-15 1階

TEL:06(4950)0874
FAX:06(4950)0873