佐賀に来たらこれでしょ


呼子のイカと、かつらバーガー

〒874-0304佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦508-3

http://www.yobuko-genkai.co.jp/

ここは「お魚処 玄海

こちらのお店は、昭和44年創業のイカ活き造りの専門店。もちろんイカだけでなく目の前の玄界灘や五島列島で採れた、新鮮な魚介料理も振舞ってくれます。


吟サバ・吟アジもお品書きに並んでおります。

店先には大小様々な生簀が所狭しと展開されており、玄海灘から直接海水を引くと言うこだわりです。


これは真水や人の体温でイカの旨味が変化してしまうといった事から、如何にイカをストレスから解放してあげられるかと言った事から始まったそうです。


しかもですよ!料理人のまな板にも同じ海水が流れており、人の体温を逃す工夫までされているそうです!

店内からの景色も最高ですね。穏やかな漁場を見ながら、大切に、丁寧に調理されたイカを食させて頂きました。呼子では「ヤリイカ」と呼ぶイカは標準和名「剣先イカ」です。


透明で艶やかな中に、「固いのかな?」って思わせるのですが、一口でわかりますね。ピンクに艶めくイカは厚みがあってコリコリとした歯ごたえ、そしてこの甘味、旨い美味しいと叫びたくなりますよね。

こちらがイカ活き造り膳 すると、ビックリ!!「うにゅ~」っと頭が持ち上がってくるではないですか!


当たり前かもしれませんが、活きイカですから元気に動き回るんですよ。

こちらは玄海御膳 げその天ぷらがこんなにおいしいの?今まで食べてたやつは何?って思うぐらい柔らかく、歯ごたえもほどほどに旨味が広がるんですよ。

イカシュウマイも頂きました。他にも魚会席「大潮」・「小潮」や「おまかせ会席」なんて言うものもあってどれもすっごく旨そうです。※予約できます

なぜ、呼子のイカが美味しいのか。先述したように、イカはストレスを感じやすい生き物です。


ストレスを感じたら体内からアンモニアを発散させ、このアンモニアが糖分を分解してしまうそうです。イカ釣りをする方には周知の事実ですね。


鯛もそうですが、イカも赤みを帯びています。この綺麗なピンク色があるうちに食べるのが一番おいしく頂けるのです。

からつバーガー

〒847-0022 佐賀県唐津市虹ノ松原

次に、虹ノ松原散策途中にやって来たのは、唐津城からほど近い、唐津街道沿いにあるご当地バーガーショップ本店「からつバーガー

創業当時はホットドック屋さんだったそうです。佐世保の米軍基地の味をこの地で再現したいと始めたのがきっかけだとか。


しっかりとした焼き立てパン(バンズ)に、ずっしりとした佐賀県産のビーフパテ、隙間なくハムや卵やチーズがぎっしりと詰まってます。スペシャルバーガー490円

レタスのシャキシャキ感がたまりません!以前、長崎県佐世保でご当地佐世保バーガーも頂きましたが、負けず劣らず、ううううう旨~い。


是非お近くにお越しの際はお立ち寄り頂けたらと思います。

6回の閲覧
特集記事