一念三千


三千院

〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540

ここに来ると「あ~今京都にきている」って感じがするほど、京都の中でも美しい景色を感じることができるのが三千院です。日本庭園が見せてくれる自然を感じる場所としておすすめの場所。京都らしい雰囲気が味わえるとして人気な場所です。

1200年以上も人々の心を支えてきた由緒正しいお寺。三千院は自然豊かな場所にある天台宗の寺院。天台宗の開祖「最澄」が比叡山東塔に三千院(三千院門跡)を建て、明治維新後にこの地に移っています。

三千院」という名の由来は、「一念三千」という、天台宗の教義からとったものだそうです。一念三千は、一念すると三千世界を具体的に備え持つと言うことらしく、一瞬の思いの中には、「三千の世界」があるということだそうです。う~む難しい。


なにやら仏教の世界観では、一人の仏が人々を仏道に導く世界の事を「三千大千世界」といい「宇宙の単位」だそうで、1世界には「六道」(地獄界・餓鬼界・畜生界・修羅界・人間界・天上界)や「十界」(人間の心の全ての境地を十種に分類したもの)(六道の上に声聞界・縁覚界・菩薩界・仏界を加えたもの)といった世界観などで構成されているそうです。


それが1000世界集まったものを「小千世界」、小千世界が1000世界集まったものを「中千世界」、中千世界が1000世界集まったものを「大千世界」というそうで「小・中・大」の3つから成るので「三千世界」というらしいです。

一面に敷き詰めたかのような苔。境内には2つの庭園があります「聚碧園」と「有清園」。 庭園にたたずむ「往生極楽院」がとても趣があり癒されます。

天候に恵まれて、落ち着きも取り戻して穏やかな時間を過ごす事が出来ました。

4回の閲覧
特集記事
アーカイブ
タグ