top of page

なぜ?不動産投資に「ファイナンシャルプランナー」の資格が有効なのか


結論

ファイナンシャルプランナー」は不動産投資を行う上で必須要件ではありません。


ですが、不動産に投資をする場合において「将来を見通すための組み立て(プランニング)」・「収支のバランス」・「資産と負債の状況認識」などお金にまつわる現状把握を随時整理整頓することで硬固な防具と強靭な武器になり得ます。


受験申込者数は2010年度より毎年20万人超と人気のある資格に君臨しています。


しかし「なぜ」皆さんファイナンシャルプランナーを選んでいるのでしょうか。また取得後そのライセンスはしっかりと生かされているのでしょうか。

どんな資格にしても「宝の持ち腐れ」になっている人も少なからずいらっしゃると思います。「なぜ」勉強して「なぜ」取得したのか。ここが大きなポイントになるのではないでしょうか。

 

資格取得が目的ではない、どうやって資格を利用して利益にするか

 

ファイナンシャルプランナー従事者


ファイナンシャルプランナー」は本来、金融や税制、不動産、住宅ローン、相続といった幅広い知識をもち、プランニングや夢の実現をサポートする大義名分があります。


ですが、実際の仕事で多いのは、保険等の販売を任される営業に成り下がっている企業が多いのも事実です。


また、保険会社や金融機関によっては昇給や昇格には資格取得が必須要件になっていることもあります。取得できないと社内での居心地が悪いばかりか他の部署へ転属なんてこともよく聞いたりします。


ここがポイント

海外では日の目を浴びている資格でも、日本では「ライフプランの見直しを、人に頼んでおこなう」という文化自体が初めからなく、新たに広げてゆく活動や定着するための施策が施されていないのが現状です。


なぜでしょうか。それはクライアントに対して「あなたのすべてを見せてください」という仕事だからです。


たとえば家族構成1つとっても「年齢や職業」あるいは「年収」に至るまで詳細に聞き取られ、「基本生活費」・「車や住宅ローンの残高」・「預貯金額」や「加入している保険種別」・「所有している資産内訳」に至るまで「お金に係わる全て」の情報提供を求められるからです。


自慢できるような人生の成功者でもない限り、日本人の気質にはまだまだ「格好が悪い」・「恥ずかしい」とかの感情が残っていて、おいそれとはなかなか口を開いてはくれません。

しかも診断自体「有料」なら尚更です。


ファイナンシャルプランナー」の報酬について触れると、「費やしたものと、得る収入」とがこんなにアンバランスな資格も他にないのではないかといった感じです。


ファイナンシャルプランナーの資格保有のみ


一方、実務上で資格が必要ではない方の場合、いっぱい時間を消費して、いっぱいやりたいこと我慢して、ようやく合格したにも拘らず実力を発揮する「出番がない」と言うことになります。


ここがポイント

ですから合格発表後に改めて、教科書や問題集に再度目を通すことはまずしませんよね。せっかく勝ち取った資格を何かに利用できれば「少しは力入るんだけどな」なんて思ったことはないですか?


資格保有者としての称号は気分はいいけれど、持っているだけでは1円にもならないわけです。「そんなことわかってるよ」と聞こえてきそうですが、資格を取得した後から生かせる場所があるんです。


もちろん「生かせる」か「生かせないか」は行動力に掛かってきます。そもそも「ファイナンシャルプランナー」は誰のために必要なものだったのでしょうか。


 

基礎知識は役に立つ

 

持ってるだけじゃダメ、実務経験がないと」といった思い込みや、誰かに言われたりして落ち込んだりした経験はないでしょうか。


もちろん経験がないよりあった方が良いのですが、基礎知識があるのとないのでは大違いです。


知識あっての実務


不動産投資で利益を出したい」というテーマに沿って話をすると、実需(実際に居住する)として不動産を探すのではなく「利益を生む」不動産を探すことが目的であるはずですよね。


知識が不足していることで逆に「」が出てしまうと本末転倒です。収益性の高い物件を見つけることこそが最大の課題であり、それは「お金の流れを知る」ということからスタートします。


ここがポイント

例えば、ファイナンシャルプランナーの資格保有者であるあなたに、こんな収益物件を購入したいと、お客様から相談を受けたらどう返事されますか?


■販売価格4800万円 ■最寄り駅徒歩10分 ■鉄骨造2階建 ■平成9年1月建築

■敷地面積/200㎡ ■延べ床面積/200㎡ ■全居室1LDK ■総戸数8戸 

■用途地域/第一種中高層住居専用地域 ■建蔽率・容積率/60%・200% 

■接道/公道(幅員6m) ■状況/満室 ■年間収支/450万円 ■建築確認番号/取得済 

■検査済証番号/取得済 ■公簿取引 ■契約不適合責任免責 ■表面利回り/約9.3%

■固定資産税年額/20万円 ■周辺土地の一般的な坪単価/70万円前後 

■その他滞納履歴や事故履歴等無し ■金融機関での借り入れ期間/10年

■融資金利/1.5%


まず「自分なら買うかどうか」を考えたりしそうですが、違いますね。本来なら依頼者であるお客様が購入した場合「しっかりと利益が確保できるか」が第一になるはずです。



自己完結の実行


普段から自分自身をお客様に見立ててプランニングすることは、紛れもなく実績に繋がる行動になります。


しかも「年間の収支」・「加入している保険」・「資産背景」・「負債背景」・「自分自身の希望」・「自分自身のライフイベント」・「現状分析と問題点」等については自分自身のことですから今すぐにでもプランニングできますね。


これを2~3度丁寧に作成してみるのが第一歩です。その時に出てくる不安材料や調べたことなどを直接資産設計表にメモしておきましょう。


実のところ上記の案件は私の所に届いた資料でした。検討に検討を重ねた結果「購入しません」という結論に至りました。もちろん購入される方も沢山いるような物件です。